株式会社CIJ

自治体向け福祉総合システム「SwanR」

児童家庭相談システム

要保護(支援)児童の虐待や、家庭における様々な相談に対応し世帯状況、担当者毎のケース記録、会議開催等の情報を管理します。
相談業務に関する事務処理をサポートします。

主なシステム機能
  • 1.

    相談台帳管理

    受付情報、相談経路、ケース会議、関係機関、施設入所、施設送致、一時保護、世帯状況、ジェノグラム、 アセスメントの情報を管理します。
    また台帳に付箋情報を登録し、付箋の検索が可能です。

    相談台帳管理

    <クリックすると拡大します>

  • 2.

    会議情報管理

    会議情報管理、会議が必要な対象者の抽出、参加機関への会議開催案内通知書、会議開催資料の作成が可能です。

  • 3.

    複合検索CSV作成

    相談台帳管理で登録した情報より、項目を指定して検索情報を組み立て、情報を抽出しCSVを作成できます。
    検索情報はご利用ユーザID毎に複数保存でき、様々な分析・報告資料をサポートします。

  • New

    「要保護児童等に関する情報共有システム」情報連携について

    令和3年度より全国の児童相談所や自治体間でLGWANを利用した要保護児童等の情報共有システムの稼働が予定されております。
    そこで必要となるのが、要保護児童の各ケースに対応するための情報(児童記録票 等)をまとめた、情報共有システムに取り込むためのデータ(CSVファイル)です。
    SwanRシステムでは、児童家庭相談の情報管理とともに情報共有システムへ取り込むためのデータ(CSVファイル)作成をサポートします。

    要保護児童等に関する情報共有システムとの情報連携イメージ
トップ