CREDIALロゴ

Financial Business powered by CREDIAL

CREDIALは、金融機関の法人業務について
「顧客リレーションの強化」×「業務の効率化」
を両立させます。

CREDIALでできること

  • データ分析による、ベテラン行員・職員の暗黙知の見える化
  • 顧客動向について、テキスト形式でのイベント通知
  • イベントについて、アクションをガイダンス
  • イベントの詳細を計数や指標で表示

CREDIALがもたらす効果

  • 一人の行員・職員が動向感知できる顧客数を、飛躍的に拡大します。
  • 現場の行員・職員の顧客との「対話力の強化」と「接触頻度の引上げ」を実現します。
  • 事業性評価の発展と、予兆感知の強化に寄与します。
  • 業務改革(デジタル改革・業務フロー改革・営業店改革)を実現します。

CREDIALは、データからの知見により、顧客とのリレーションを強化させ、金融事業の発展を支えます。

CREDIALがもたらす効果

「顧客リレーションの強化」×「業務の効率化」を両立させる仕組み

「顧客リレーションの強化」×「業務の効率化」を両立させる仕組み

CREDIALの特長

1. 商流の把握

知り得ること

・当行顧客が、他行口座で行った入金・出金の一部
・サプライチェーンのトレース
・地域の中核企業
・企業間の影響
・注意を要する取引関係
・取引相手先の変化
・他の金融機関との取引
・有望な技術を持つ可能性のある企業

▼ネットワーク図
ネットワーク図

2. キャッシュフローの把握

知り得ること

・キャッシュフローの変化
・資金状況の周期性
・注意を要する入金や出金
・企業と関連個人との取引
・運転資金貸出のニーズ
・決算の整合性

▼事業動向の推移(経常モニタリング)
事業動向の推移(経常モニタリング)

3. EBM2.0

・イベントを発生させる網羅的なシナリオ群
・イベント発生の推定要因や、対話例をガイダンス
・イベント発生に関連する計数や指標をガイダンス
・イベント発生件数を多過ぎず、少な過ぎずに制御

できること

・1本ずつのシナリオ考案が不要
・ベテラン行員・職員の暗黙知を見える化
・顧客の動向を推測
・顧客属性に偏らずにイベントを発生

▼イベントリスト
イベントリスト

CREDIALが生み出す情報の活用

CREDIALが生み出す情報は、顧客への多様なアプローチを支援します。

1. 現場力の強化

イベントを行員・職員へ、効率的に通知することで、営業拠点での顧客リレーションを強化します。

2. リモート営業の強化

商流情報やキャッシュフロー情報を法人ポータルに活用することで、顧客の関心を引くコンテンツマーケティングを促進します。

3. マーケティングオートメーションの強化

企業取引データをAIの分析データに活用することで、取引関係を要因にしたAI分析の精度を向上させます。

マーケティングオートメーションの強化

※「CREDIAL」は、弊社の登録商標です。
※「CREDIAL」の関連技術について特許取得済みです。

お申し込み・導入に関するご相談などはお気軽にお問い合わせください。

株式会社CIJ
金融ビジネス事業部
TEL:045-222-0711
FAX:045-212-2277

受付時間:10:00~17:00
(土、日、祝日年末年始は除く)