メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

      
  日々のFAX送信を「楽に」「お得に」するクラウドサービス

C-FaCS

 
  サーバ不要、ペーパレス、システム連携による自動送信、全国一律8円/3分

日々のFAX送信枚数が膨大。
ペーパレス化してFAX送信負荷を減らしたいけど、コストはかけたくない
そんな方におすすめなのがC-FaCSです。

C-FaCSは、これまで紙で送信していたFAXを電子ファイルのまま送信するサービスです。※1
ペーパレス化によってFAX送信が「楽に」なるだけでなく、通信費も「お得に」なります。
クラウドで実現しているため、サーバ機器の準備は不要で、手軽にはじめることができます。

※1 C-FaCSでの受信も可能です(別途C-FaCS受信回線のご契約が必要です)。
  C-FaCSを利用しない場合は、これまでどおり通常のFAX機で受信できます。

 
C-FaCSの通信費は、送信にかかった時間分だけ。だから大量送信なら圧倒的にお得です。
C-FaCSは、日々のFAX送信を「楽に」「お得に」します。

C-FaCSは、お客さまがお持ちのシステムと連携し、出力されたPDFデータを自動で送信します。
通信費は全国一律8円/3分なので、県外へ大量送信してもコストを抑えることができます。
たとえば受発注業務など、日々膨大な書類を扱う方のFAX送信業務をサポートします。

導入イメージ

C-FaCS導入前イメージ
C-FaCS導入後イメージ

※3 さらに強固なセキュリティが必要な場合は、「フレッツ・VPNワイド」をご利用できます。

お問い合わせフォームへ
ページTOPへ戻る

こんな方におすすめ

導入メリット

導入時の作業(お客様にて実施、または当社にて実施)

お申込みからご利用開始までは通常2週間程度です。
1.VPNルーターのご準備 2.VPNルーターの設定 3.連携アプリケーションのインストール

(注)当社にて実施する場合は、別途料金がかかります。詳細は、担当者にお問い合わせください。

よくある質問

クラウドサービスとは何ですか? インターネット経由で提供されるサービスです。インターネット上のサーバ、アプリケーションを利用しますので、設備投資がほとんどかかりません。 相手先には電子データで届くのですか? 相手先が通常のFAX機を使用している場合は、従来どおり紙で出力されます。 これまでのような手動送信は可能ですか? 可能です。パソコンに保存した電子データを選択して、メール感覚で送信することもできます。
使用中のシステムと連携したいのですが、何か条件はありますか?
以下の2つを満たす必要があります。(1) 帳票をPDF形式で出力できること(2) 帳票のファイル名に、送信先のFAX電話番号を含められること
使用中のシステムと連携したいのですが、むずかしい設定や操作がないか心配です。 上記の2つの条件を満たしていれば、弊社からご提供する連携アプリケーションをインストールしていただくだけです。このアプリケーションにより自動的に、送信するPDFファイルがC-FaCSクラウドへ転送されます。
お問い合わせフォームへ
ページTOPへ戻る

料金

初期費用
48,000円 VPNルーターの設定情報、および連携アプリケーションとその設定手順書の費用です。(VPNルーターをお持ちでない場合は、別途お客さまにてご準備いただく必要があります。)
月額利用料
FAX送信= 12,000円× 送信回線数+ 全国一律 8円 / 3分× 1か月の送信時間 FAX受信= 12,000円× 受信回線数+ なし 送受信セットの場合は、1セット22,000 円/月

● 表示料金には消費税は含まれておりません。別途消費税がかかります。
● よりセキュアな環境でFAXを利用される場合は、別途フレッツ・VPNワイドのご契約が必要です(ご契約・ご利用にかかる費用は条件によって異なります。詳細は、NTT(日本電信電話株式会社)のHPをご確認ください)。

お客さまの声

Tabio様ロゴタビオ株式会社 システムソリューション部 井上 武尋様

C-FaCSをどのようにお使いですか?

生産工場に仕入発注する際の、発注書の送信に使っています。月500~800件ほど送信しています。

導入の決め手は?

サーバを持たずに導入できることです。
サーバ導入時の初期費用や、長期利用時のリプレイス、設置場所の用意などが不要になり、トータルでの運用コストを抑えることができました。

お使いになった感想をお聞かせください。

C-FaCS導入前は、通常のFAX機を使って手動で送信していたため、5~8人くらいの作業者が順番待ちをしているような状態でした。
C-FaCS導入後は、作業者がそれぞれ基幹システムで送信作業を行い、すぐに次の業務にとりかかることができるようになったため、作業効率が上がりました。操作もシンプルで使いやすく、社員も喜んでいます。

仕様

C-FaCS仕様
項目 仕様
主な機能
  • ・上位システムとのPDFファイル連携、自動FAX送信
  • ・ユーザ画面でのペーパレスFAX送信
  • ・送信FAXヘッダ選択
  • ・同一宛先まとめ送信
  • ・グループ登録
  • ・送信結果通知
  • ・送信結果一覧表示
送信可能データ
  • ・PDF形式(暗号化されていないもの、閲覧制限がないもの)
  • ・TIF形式
一度に送信できるページ数 制限なし
送信FAXヘッダ 以下の中から選択可能
ヘッダ無、送信日時、送信日時+会社名+送信元FAX番号
送信リトライ回数 設定可能(回数の上限なし)
送信用紙サイズ B4、A4、A3
FAX送信規格 G3
クライアント仕様(上位システム、FAX送受信PC)
項目 仕様
OS
  • ・WindowsServer2008R2
  • ・WindowsServer2012R2
  • ・Windows7(64bit、32bit)
対応機種 対応OSが動作するコンピュータ
メモリ
  • ・上記OSで問題なく稼働できるスペック
  • ・本モジュール単独では、
    Intel Celeron2GHz以上、メモリ2GB以上
実行環境
  • ・.NET Framework3.5
  • ・.NET Framework4.5
その他 ユーザインタフェースで使用するデータベースファイルは、Access accdb形式

お問い合わせ先

サービス、料金についてのご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ
ページTOPへ戻る

●「C-FaCS」は、株式会社CIJの登録商標です。
●本カタログに記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の登録商標、または商標です。
●本カタログに記載されている内容、仕様については、予告なく変更する可能性があります。

 
ページの終了