株式会社CIJ

沿革

 1976
(昭和51)年
米国法人Com-Stute, Inc.より独立し、株式会社日本コンピュータ研究所を設立。
株式会社日立製作所の基本ソフトウェア開発を開始。
 1982
(昭和57)年
関西支社(現:関西事業所)を開設。
 1991
(平成3)年
株式会社エヌ・ティ・ティ・データのビジネスパートナーに選定される。
 1992
(平成4)年
北海道支社を開設。
 1995
(平成7)年
東京事業所を開設。
 1998
(平成10)年
日本オラクル株式会社から、オーソライズドJavaセンター認定を受ける。Javaの正しい利用普及に尽力。
中部支社(現:中部事業所)を開設。
 1999
(平成11)年
九州支社を開設。
 2000
(平成12)年
社名を現在の「株式会社CIJ」に変更。
ISO9001認証資格を取得。
 2001
(平成13)年
日本証券業協会に株式を店頭公開。
 2002
(平成14)年
東京証券取引所市場第二部に上場。
 2003
(平成15)年
「ビジネスソフトサービス株式会社」を子会社化。
 2004
(平成16)年
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
プライバシーマークを取得。
 2005
(平成17)年
関連会社の「株式会社カスタネット」を子会社化。
ISO14001認証資格を取得。
 2008
(平成20)年
ISO27001認証資格を取得。
 2010
(平成22)年
子会社の「株式会社日本構研システムズ」が「株式会社CIJソフィア」、「株式会社日本アドバンストシステム」を吸収合併し、「株式会社CIJネクスト」に商号変更。
 2011
(平成23)年
子会社の「株式会社CIJネクスト」が「金沢ソフトウエア株式会社」を吸収合併。
 2012
(平成24)年
子会社の「株式会社CIJソリューションズ」が「株式会社マウス」を吸収合併。
 2013
(平成25)年
自社製品「SONOBA COMET」において特許取得(特許第5406957号)。
台湾の「凌群電腦股份有限公司(SYSCOMグループ)」と業務提携契約を締結。
 2015
(平成27)年
子会社の「株式会社CIJネクスト」が「株式会社CIJビィエスシィ」、「株式会社CIJマネージ」を吸収合併。
 2017
(平成29)年
子会社の「株式会社CIJソリューションズ」を吸収合併。
トップ