株式会社CIJ

CIJグループ行動憲章/行動規範

CIJグループ行動憲章

当社グループは、企業理念「情報技術で人と社会にやさしい未来を創造します」を実現するため、本行動憲章に基づいたグローバルな企業活動を実施します。
また、当社グループは関連する全ての人々の基本的人権を尊重するとともに、国内外の法令およびその精神を遵守し、社会的倫理および社会的要請に応じた企業活動を行ってまいります。


  • 1.高品質、安全、安心なサービスおよび製品の提供CIJグループは、品質管理、情報セキュリティ管理に充分配慮し、IT関連分野においてお客様の満足と信頼を得られるような高品質、安全、安心なサービスおよび製品を開発、提供してまいります。
  • 2.公正透明な企業活動CIJグループは、公正・透明・自由な競争および適正な取引を行い、行政、市民および団体とは、健全かつ正常な関係を築いてまいります。また、反社会的な勢力・団体とはいかなる関係も持たず、毅然とした対応をしてまいります。
  • 3.適切な利益配分CIJグループは、効率的かつ確実な事業活動による適正な利益を確保し、利益の公平・公正な配分等により、株主様に適切な還元を行ってまいります。また、社会が必要とする企業情報は適時、積極的に開示してまいります。
  • 4.働きやすい環境の整備CIJグループは、社員および協働者の健康に配慮した安全で働きやすい環境を整備するとともに、多様な人格や個性を尊重する気風を醸成し豊かな人間関係の形成に努めてまいります。
  • 5.地球環境の保全CIJグループは、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであることを認識し、「クリーン活動」として、事業活動のあらゆる面で環境に配慮した活動を積極的に推進してまいります。
  • 6.社会貢献活動CIJグループは、事業活動を通じて社会の福祉と繁栄に貢献するとともに、良き企業市民として地域社会においても積極的な社会貢献活動を行ってまいります。
  • 7.本憲章の徹底CIJグループは、経営者自らが率先垂範して本憲章の徹底を図るとともに、定期的な浸透状況の確認およびその結果に対する改善措置を実施してまいります。

CIJグループ行動規範


1.高品質、安全、安心なサービスおよび製品の提供


  • (1)製品・サービスの安全性と品質の確保社内横断的な品質管理部署または仕組みを設け、製品等の出荷責任を明確にするとともに、独立的立場による品質判断の基に製品およびサービスを提供します。
  • (2)個人情報・顧客情報の適正な保護個人情報・顧客情報を保護する社内体制を整備し、その教育を推進するとともに、情報を取り扱うシステム等に対しては、技術的・物理的な保護対策を実施します。
  • (3)お客様の満足と信頼の獲得お客様との相互評価等を行うことにより、有用な製品の開発、およびサービスの提供が実施できているかを確認し、そのフィードバック結果を可視化します。
  • (4)従業員のキャリア形成および能力開発支援技術革新の早いIT業界において、技術の立ち遅れ等がないよう、能力開発のための教育システムの確立に努めます。

2.公正透明な企業活動


  • (1)顧客との取引お客様との取引においては、法令および健全な商慣行に従うものとします。不当な利益などの取得を目的とする贈答・接待は行いません。
  • (2)購入先との取引購入先との取引においては、経済合理性のみならず、法令遵守、品質・安全性、環境保全、公正取引などにも配慮し、お互いが社会的責任を果たせるように努めます。
  • (3)政治・行政に対する姿勢政治・行政に対しては健全かつ正常な関係を保ち、利益供与ほか癒着と誤解されるような行為は厳に慎みます。
  • (4)反社会勢力・団体に対する姿勢社会正義および企業の社会的責任を踏まえ、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とはいかなる関係も持たず、毅然とした対応をとります。
  • (5)知的財産権の尊重現代社会における知的財産権の重要性に鑑み、知的財産権の創造、適正な保護、積極的な活用を図るとともに、他者の知的財産権も尊重します。
  • (6)コーポレートガバナンスによる企業の信頼性の確保コーポレートガバナンスに関する方針を明示・徹底し、経営の透明性・公平性を高めるとともに、連結経営に対する信頼性を確保します。

3.適切な利益配分


  • (1)インサイダー取引の禁止インサイダー取引に該当するおそれのある株式売買は一切行いません。また、インサイダー取引防止に関する法令を遵守するとともに、必要な組織体制の整備に努めます。
  • (2)適正な会計処理財務・税務会計の正確性、信頼性、完全性を確保するため、企業会計原則および税法を遵守した会計処理基準を定め、適正な会計処理を行います。
  • (3)株主配当の実施社会的責任への配慮を前提とした効率的かつ確実な事業活動を通じて、利益の公平・公正な分配を目指して行動し、適時適切な株主配当の実施を心掛けます。
  • (4)適切な企業情報の提供適切な企業情報を開示することにより経営の透明性を高めるとともに、中長期的視点にたった持続的な情報発信を通じて、多様なステークホルダーの信頼確保を目指して行動します。

4.働きやすい環境の整備


  • (1)就業規則等の遵守就業規則および36協定をはじめとする社内の諸規程等を遵守します。
    また、その遵守状況の把握を含め、従業員およびその代表者と経営層との対話または協議の場を設けます。
  • (2)安全な職場環境の維持・確保労働安全衛生法等を遵守し、職場の防犯・防災に努め、安全で働きやすい職場環境を維持・確保します。また、メンタルヘルス等の病気予防に努めます。
  • (3)ワーク・ライフ・バランスの推進仕事と生活の調和を図るため、従来の就労形態にとらわれない多様な就労形態の導入を検討するとともに、労働時間の軽減に努めます。
  • (4)セクシュアル・ハラスメントの禁止良好な職場環境を確保・維持するため、相手方の意に反した性的な言動等、セクシュアル・ ハラスメントとなる行為の発生を予防するための啓蒙活動を行います。
  • (5)パワー・ハラスメントの禁止職権を背景に、本来の業務の範疇を超えて継続的に人格と尊厳を侵害する言動を行うことで、従業員の働く環境を悪化させ、あるいは雇用不安を与えるといった、パワー・ハラスメントとなる行為の発生予防に努めます。

5.地球環境の保全


  • (1)環境マネジメントの推進環境方針および環境目標を掲げ、その達成に向けた活動を積極的に推進します。
  • (2)環境法規制等の遵守環境関連の法令、条例等を遵守し、企業活動を通して環境保全と汚染の予防に努めます。
  • (3)資源・エネルギーの消費量の低減消費電力の削減、ペーパーレス化を積極的に推進し、CO2の削減に努めます。
  • (4)グリーン購入の推進PC・プリンタ等の電子機器、コピー用紙、事務用品など、事業活動で使用する物品は、地球環境や人体に影響の少ないものを優先して選択し、購入します。

6.社会貢献活動


  • (1)事業活動を通じた社会貢献CIJグループの持つ技術、ノウハウ等の専門能力を活かして地域社会のために取り組むべきテーマを自ら選択し、その解決に努めます。
  • (2)組織的な社会貢献活動への取り組み社会の課題に関心を持ち、自発的にその課題に取り組み、外部団体との連携も視野に入れた効果的な社会貢献活動の実施に努めます。
  • (3)従業員の社会貢献活動支援従業員の自発的なボランティア活動のための環境整備ときっかけづくりに取り組み、従業員の社会貢献活動への参加を支援します。
トップ